寒天で作ったデザート

便秘解消のためには食物繊維をたっぷり摂ることが良い、というのは誰でも知っていることですね。

食物繊維の含有量が多い食べ物と言えば、こんにゃくやごぼう、バナナやりんごなどが有名ですから、これらの食材を積極的に食べている方も多いでしょう。

確かに食物繊維をたくさん含む食べ物はいろいろありますが、中でもとりわけ含有量が高いのが寒天です。

寒天は食物繊維が飛びぬけて多い

寒天は天草など海藻類から作られる食べ物で、なんと全体の約80%が植物性の食物繊維でできているのです。

つまりほとんどが食物繊維なので、食物繊維を摂取するにはもっとも効率がよく、手軽な食材と言えるのですね。

寒天には単に食物繊維が豊富に含まれているだけではなく、他にも便秘に関わる働きを持っています。

まず寒天に含まれる食物繊維には、悪玉菌を排出するという働きがあるので、腸内を綺麗に掃除して善玉菌が増殖しやすい環境を作ります。

さらに善玉菌の餌になってくれるので、善玉菌の増殖や活性化までサポートしてくれます。

寒天を食べても効果がない理由

これだけ便秘解消に効果のある働きを持っているのに、それでも寒天を食べても便秘が解消されなかった、逆に便秘がひどくなったという口コミがあるのも事実です。

食物繊維が豊富な寒天を食べていても便秘が解消されないのは、水分が足りていないからです。

寒天は水分の吸収率が高く、そのためたっぷり膨らむのですが、腸内でももちろん腸壁や便が水分を必要としています。

そのためこまめに水分補給をしないと、寒天の水分が不足してしまい固くなってしまうのです。

つまり寒天の力で便秘とサヨナラするためには、寒天を食べるだけではなく、水分もしっかり摂取しないといけないのですね。

もしこまめに水分が摂れない場合は、寒天をゼリードリンクタイプにしたものを取り入れるようにすれば水分不足を防げます。

そしてもう一つの注意点は、いくら寒天が便秘解消に効果的だとしても、いたずらにたくさん食べるのは良くないということです。

どんな栄養成分でも、過剰に摂取したからといって効果が高くなるわけではありません。

寒天も同様で、一度にたくさん食べたり、寒天だけしか食べないという方法を実践しても、すぐに便秘が解消できるわけではないのです。

排便のために働く栄養成分は食物繊維だけではなく、いろいろな栄養成分が関わっています。

基本的に寒天は1日2g摂取すれば十分に便秘解消効果が期待できると言われていますから、寒天だけではなくいろいろな栄養素を取り入れながら便秘を解消していきましょう。