口をおさえる女性

便秘をすると、腸内で便が腐敗して有毒ガスを発生させるため、おならが臭くなりやすいです。

ですので、おならに関しては神経を使っている方も多いと思いますが、実は臭くなるのはおならだけではありません。

なんと便秘のせいで口臭が臭くなることもあるのです。

臭いの出口が詰まって口から出る

口から臭いニオイが出てくるのは、消化器官で発生したガスが呼気となって口から排出されるからです。

例えば排水口は定期的に掃除をしないと臭いニオイが発生しますが、これは排水口に流れ込んだゴミが腐り、菌が繁殖して有毒ガスを発生させることが原因です。

腸内に溜まった便も、言ってみれば生ゴミと同じ成分で出来ています。

そのためきちんと排出されないと悪玉菌が便を分解して有毒ガスを発生させるのです。

本来なら、腸内で発生したガスはおならとなって出ていきますが、便秘の場合は出口が塞がれているため肛門から排出できません。

排出されなかったガスは腸壁から取り込まれるものの、すべてが吸収されるわけではないため逆流してしまいます。

そして口臭となって排出されてしまうのですね。

もし、歯磨きもちゃんとしていて虫歯もなく、にんにくやネギなど口臭の原因になるものも食べていないのに臭いニオイが出てくる場合は、便秘が原因として考えられます。

おならはなんとか我慢できますし、人のいないところだったら排出できます。

しかし口臭というのは自分でコントロールできませんから、口が臭いと人と接するのも嫌になってしまいますね。

かと言って、仕事や学校でのお付き合いはもちろん、近所の人や友達との付き合いを口臭のせいでやめるわけにもいきません。

便秘で口臭が臭うのであれば、便秘を解消すればすぐに口臭も改善できます。

便秘を解消し口臭を防ぐ

口臭まで臭くなるほどの便秘は簡単には解消出来ないので、応急処置として便秘薬や浣腸などを利用しましょう。

これは病院でも行われる治療なので、慢性的に利用しなければ問題ありません。

とりあえず便をしっかり出したら、その後は食生活に気をつけてください。

食事が脂肪分や糖分が多いものに偏るとすぐに便秘になってしまうので、食物繊維を中心に消化されやすい食事を心がけましょう。

そして、水分不足も便秘の原因になるので、水をこまめに摂って便秘にならないように気をつけてください。

善玉菌の働きが弱まると悪玉菌が増殖してしまうので、善玉菌の餌になるビフィズス菌などの乳酸菌も積極的に摂るといいですね。

また、お腹が冷えると悪玉菌が活性化して善玉菌よりも優位になりますから、腸が冷えないように冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎないようにすることも覚えておきましょう。